早稲田文学 明治45年大正元年(1912年)1月号―12月号 第2次 第7巻 - 早稲田大学図書館

年大正元年 早稲田文学 早稲田大学図書館

Add: imusumy66 - Date: 2020-11-21 17:14:38 - Views: 4205 - Clicks: 3750

第1巻(大正元年)』) 当館請求記号 kh6-g504 (初版 特106-259) 未明の唯一の長編小説。『読売新聞』に1912(明治45)年4月24日から6月5日まで連載され、1912(大正元)年9月春陽堂刊行の『魯鈍な猫』に収録された。. 海ほほづき、桜井書店(1960)(随筆・俳句集) 23. 稚心、小山書店(1942)(小説集) 13. 11 第1回フロイデ・ハルモニーの催し(昭和32年10月、記念会堂) 12 『早稲田大学新聞』(昭和37年6月25日号) 13 学生サークル機関誌(1) 14 『早稲田キャンパス』創刊号(昭和37年6月25日号). 邪宗門(第3版の刊行の際に初版本に割愛された作品13篇を「邪宗門拾遺」として加え『第二邪宗門』とする) 2. 13 啄木石川一没 (27) 4.

父、高山書院(1941)(小説集。父親もの) 12. 国立国会図書館・近代デジタルライブラリー所収〕 〈 Top の項目「斎藤月岑関係」の中に収録〉 『扶桑画人伝』 巻之一~五 古筆了仲編 阪昌員・明治十七(1884)年八月刊 〔底本「国立国会図書館デジタルコレクション」所収〕 『近古浮世絵師小伝便覧』 谷口. 妹の問題、玄洞社(1922)(小説集) 2. 明治45年=大正1年(1912年・民国元年) *(徐謙校定)『検察制度詳考』(順治門内東太平街徐宅印) 大正2年(1913年・民国2年) 『中華民国暫行新刑律』(国民大學・中華大學) 大正3年(1914年・民国3年) 大正4年(1915年・民国4年)帰国(9月). 志賀直哉対談日誌、全国書房(1947)(随筆集。巻中の『志賀直哉対談日誌』は、1935年の取材) 18. 無限抱擁、改造社(1927)(長編小説。第1の妻榎本りんとの始終) 4. 31 『新風』創刊号(昭和15年7月号) 32 早稲田文学社編『十年』(昭和18年9月)の表紙と目次; 33 アインシュタイン博士夫妻の来学(大正11年11月) 34 第3回日米学生会議(昭和11年8月、文学部校舎前) 35 ヘレン・ケラー女史の来学(昭和12年4月).

明治21(1888)年7月~明治45(1912)年6月。『東京朝日新聞』(東京朝日新聞發行所刊)の複製。 『横浜毎日新聞』『東京横浜毎日新聞』『毎日新聞』全149巻 不二出版 明治3(1870)年12月~明治39(1906)年6月。『横浜毎日新聞 解説・総目次1~3』もあります。. 釣なかま、角川書店 角川新書40(1954)(釣りの、小説・随筆・俳句集) 21. 柳田 泉(やなぎだ いずみ、男性、1894年(明治27年)4月27日 - 1969年(昭和44年)6月7日)は、明治文学研究者、翻訳家。 青森県中津軽郡豊田村(現・弘前市)出身。1918年に早稲田大学英文科卒業。 第1次:創刊号大正8年6月(1-1)~大正12年9月, 第2次:大正14年7月(2-1)~昭和3年1月 『解放総目次・執筆者索引』 内外兵事新聞、月曜会記事、保守新論、偕行社記事、海軍雑誌、水交雑誌、水交社記事 『近代日本軍隊関係雑誌集成目録1~5』. 郷愁、中央公論社(1950)(小説集。従軍記『戦場風景』と八王子空襲の『大火の夜』を含む) 19. 1906年(明治39年)、新詩社に参加。与謝野鉄幹、与謝野晶子、木下杢太郎、石川啄木らと知り合う。『明星』で発表した詩は、上田敏、蒲原有明、薄田泣菫らの賞賛するところとなり、文壇の交友さらに広がる。また、この頃より象徴派に興味を持つ。1907年(明治40年)、鉄幹らと九州に遊び(『五足の靴』参照)、南蛮趣味に目覚める。また森鴎外によって観潮楼歌会に招かれ、斎藤茂吉らアララギ派歌人とも面識を得るようになった。1908年(明治41年)、『謀叛』を発表し、世評高くなる。またこの年、新詩社を脱退した。木下杢太郎を介して、石井柏亭らのパンの会に参加。この会には吉井勇、高村光太郎らも加わり、象徴主義、耽美主義的詩風を志向する文学運動の拠点になった。1909年(明治42年)、『スバル』創刊に参加。木下らと詩誌『屋上庭園』創刊。また処女詩集『邪宗門』上梓。官能的、唯美的な象徴詩作品が話題となるも、年末には実家が破産し、一時帰郷を余儀なくされた。 1910年(明治43年)、『屋上庭園』二号に掲載した白秋の詩『おかる勘平』が風俗紊乱にあたるとされ、発禁処分を受けた(同誌は年内に廃刊)。またこの年、松. 天台宗 宝泉寺. 風流人、雅博那書房(1930)(小品小説集) 5.

大正の読売新聞: 1912年 (明治45年7月30日) から、1926年 (昭和元年12月30日) までの読売新聞の記事など約56万5000本と紙面をデータベース化したもの。 *平日17時までにカウンターでディスクを借りて図書館1f検索コーナーで御利用ください。 館内: あり: 106. 書誌は出典の項の、『瀧井孝作書誌』および、『瀧井孝作全集別巻』に詳しい。以下には、おもな単行本の初版の、出版社・出版年を記す。小説集・随筆集などの収録作品には、重複が多い。 1. 財団法人二松義会: 大正2年7月1日 (1913年) 是日、華族会館ニ於テ、当会第三回顧問会開催セラル。栄一出席シテ協議ニ与ル。 【p. 観相の秋(長歌体を主とする詩文集) 5. 1885年(明治18年)1月25日、熊本県玉名郡関外目村(現・南関町)に生まれ、まもなく福岡県山門郡沖端村(現・柳川市)にある家に帰る。父・長太郎、母・シケ。北原家は江戸時代以来栄えた商家(油屋また古問屋と号し、海産物問屋であった)で、当時は主に酒造を業としていた。1887年(明治20年)、弟・鉄雄が生まれる。またこの年、白秋に大きな影響を与えた乳母・シカがチフスで逝去する。 1891年(明治24年)、矢留尋常小学校入学。1897年(明治30年)、柳河高等小学校より県立伝習館中学(現・福岡県立伝習館高等学校)に進むも、1899年(明治32年)には成績下落のため落第。この頃より詩歌に熱中し、雑誌『文庫』『明星』などを濫読する。ことに明星派に傾倒したとされている。1901年(明治34年)、大火によって北原家の酒蔵が全焼し、以降家産が傾き始める。白秋自身は依然文学に熱中し、同人雑誌に詩文を掲載。この年、初めて「白秋」の号を用いる。1904年(明治37年)、長詩『林下の黙想』が河井醉茗の称揚するところとなり、『文庫』四月号に掲載。感激した白秋は父に無断で中学を退学し、早稲田大学英文科予科. 61 軍事研究団発会式とこれに反対する立看板(大正12年5月10日) 62 軍研事件をめぐる青柳篤恒と大山郁夫の論文(『早稲田大学新聞』大正12年5月16日号) 63 第1次共産党事件・学苑研究室蹂躙事件(大正12年6月5日)を報ずる新聞.

結婚まで、砂子屋書房(1940)(「市井生活譜」小説集) 11. 中村尚美・間宮国夫「大隈重信論文目録」『早稲田大学図書館紀要』第5号、早稲田大学図書館、1963年12月20日、 177-195頁。 石山昭次郎「大隈重信著作目録」『早稲田大学史記要』第4巻、早稲田大学大学史編集所、1971年3月31日、 25-29頁。. 白南風(しらはえ) 8. 都新聞 復刻版 大正期【全167巻】 - 柏書房 柏書房. 26 富山県で米騒動。全国に拡大。 7. 12 月 「行人」 (~大正 2 年 4 月) 早稲田文学 明治45年大正元年(1912年)1月号―12月号 第2次 第7巻 - 早稲田大学図書館 2.

折柴随筆、野田書房(1935)(随筆・紀行・批評集) 8. 1968年(昭和43年)、川端康成がノーベル文学賞を受賞。その2年後の1970年(昭和45年)には、三島由紀夫が自衛隊 市ヶ谷駐屯地において割腹自殺した。四部作『豊饒の海』最終回の原稿には、この日の日付(昭和45年11月25日)が記されていた。. 年末年始の一部サービス休止について(12月29日から1月4日):07) システムリプレースに伴うデータ更新の遅延について(年11月~年1月):51) 連携インタビュー第3弾(デジタルアーカイブ福井)を掲載しました。.

1912年(大正元年) 創立30周年. See full list on wpedia. 海阪(うなさか) 7. 1月大学尋真館坡工。5月アーモスト館ゲストハウス 竣工。12月大学大成寮竣工 。 1963年: 工学部に電子工学科、機械工学第二学科、化学工学科を増設。工学部第2部廃止。 礼拝堂が国の重要文化財に指定される 。 神学館竣工。 社史史料編集所を設置。.

同時に大学科に政治学部(政治科)を増設する。幼稚舎は明治7年1月から設けられていたものである。 1899年 (明治32年) 8月: 第1回海外留学生派遣 私学として最初のことである。 1901年 (明治34年) 2月3日: 創立者福澤諭吉死去. 第7巻:明治45年(1912年)1月号-8月号;大正. 1913年(大正2年) 明治天皇の崩御により、創立30周年記念式典を1年後に挙行。 大隈重信総長が建学理念を継承・発展させた「教旨」を宣言。校旗、教職員の式服・式帽を制定。 1914年(大正3年) 第1次世界大戦 第2次大隈重信. 牡丹の木(ぼたんのぼく) - 「黒檜」以後. 1 北国新聞創刊~ 1894明治27年 報知新聞創刊~. 1926年(大正15年)1月2日、妻はまが脳溢血で急死する。その2年前の1924年(大正13年)から秋声に手紙を出して以降時折出入りしていた山田順子は、訃音を聞きつけ秋田県から急ぎ上京し、秋声の愛人として徳田家に入り込みジャーナリズムを賑わしたのみか、秋声は『元の枝へ』などの「順子.

積雪、改造社(1938)(小説集。『積雪』は父の死の話) 10. 俳人仲間、新潮社(1973)(長編小説。近代俳句の回顧。日本文学大賞) 26. 1914年(大正3年)、肺結核に罹患した俊子のために小笠原父島に移住するも、ほどなく帰京。父母と俊子との折り合いが悪く、ついに離婚に至る。『真珠抄』『白金之独楽』刊行。また『地上巡礼』創刊。1915年(大正4年)、前橋に萩原朔太郎を訪う。弟・鉄雄と阿蘭陀書房を創立し、雑誌『ARS』を創刊。さらに詩集『わすれなぐさ』、歌集『雲母集』刊行。1916年(大正5年)、詩人の江口章子と結婚し、東京・小岩町の紫烟草舎に転居。筆勢いよいよ盛んにして『白秋小品』を刊行する。1917年(大正6年)、阿蘭陀書房を手放し、再び弟・鉄雄と出版社アルスを創立。この前後、家計はきわめて困窮し、妻の章子は胸を病んだ。 1918年(大正7年)、小田原に転居。鈴木三重吉の勧めにより『赤い鳥』の童謡、児童詩欄を担当。優れた童謡作品を次々と発表し、作品に新生面を拓くのみならず、以降の口語的、歌謡的な詩風に強い影響を与えることになる。1919年(大正8年)、処女小説『葛飾文章』『金魚』発表。生活ようやく落ち着き、歌謡集『白秋小唄集』、童謡集『とんぼの眼玉』刊行。それまで一室を借りていた伝肇寺(でんじょうじ)の境内に住宅. 浮寝鳥、石原求龍堂(1943)(句集・随筆集。『折柴句集』以降のまとめ) 14. 明治45年5月23日 (1912年) 是日、華族会館ニ於テ、当会第二回顧問会開催セラル。栄一出席シテ基金募集ノ議ニ与ル。 【p. 室崎清太郎(のちの琴月)は東京音楽学校選科に通う一方で、受験勉強のため私立の東京音楽院にも通った。東京音楽院の在学記録が確認できていないため、いつ入学しいつ卒業したかは不明であるが、雑誌『音楽界』の記事中に在学をうかがわせる氏名の記述が2つあり、明治45年3月と同年7月. 30 天皇崩御 (61) 9.

^ 早稲田大学百年史 総索引年表/年表 大正元年~九年 ^ 『早稲田大学百年史』1巻~3巻 ^ 専修大学ホームページ ^ 早稲田ウィークリー わせだの散歩道 第7回 ^ 『早稲田大学百年史』 第一巻 第二編 第九章 都の西北。 ^ “宝泉寺の歩み”. 故郷、三島書房 三島文庫4(1946)(小説集) 16. 芸術座創設99年記念講演・レジュメ ⇒ 相沢直樹 (06/15) 祖父一平の章/5 いま入澤姓(2) ⇒ げるぞる (03/20) 祖父一平の章/1 芸石国境の某村(3). 雲母集(きららしゅう) 3. 東京景物詩及其他(第3版の刊行の際に新たに詩1章12篇を加え『雪と花火』と改題する) 4. 10 1893明治26年 文学界(藤村・透谷ら)創刊~31. 翁草、求龍堂(1968)(随筆・評論集) 25. 野趣、大和書房(1968)(小説集。『風景小説』を含む。読売文学賞) 24.

2 1892明治25年 万朝報(黒岩涙香)創刊~昭和15. 明治45年大正元年(1912年)1月号―12月号 風物誌、砂子屋書房(1938)(随筆・批評集) 9. 12 宣統帝退位、清朝滅亡. 慾呆け、文体社(1934)(短編小説集。父親もの、第2の妻篠崎リンとの『結婚まで』など) 7. 11 早稲田大学の印(明治38年7月鐫、最初の卒業証書用) 12 高等予科校舎(明治36年頃) 13 高等師範部英語科第2回卒業生と講師(明治39年) 14 大学部商科・早稲田実業学校校舎(明治37年頃) 15 清国留学生部第1回卒業生(明治41年). 雪間の菜、鎌倉書房(1946)(随筆・句集。書名は『春が巡ってきた』の意) 15.

80);明治45年7月之卷 出版者 早稲田文学社 出版年月日請求記号 雑8-40 書誌id(国立国会図書館オンラインへのリンク)doi 10. 明治45年/大正元(1912)年 26歳 1月1日 花袋、《早稲田文学》第74号に「幼きもの」。千鶴子の死を描く。 1月3日 永代一家、花袋宅を年賀に訪問。 3月 惠美光山を顧問として京橋に大勢社を創業*21。以下の〈問題叢書〉三編を刊行。. 鎌倉遺文 補遺編・東寺文書 第1巻~第3巻:文治2年〈1186〉~元弘3・正慶2年〈1333〉 ・風俗画報 明治22年(1889)に東陽堂により創刊され、大正5年(1916)まで27年間にわたって発行された雑誌『風俗画報』。.

早稲田文学(第2次 第7巻) - 復刻版 - 早稲田大学図書館 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 良人の貞操、新潮社 新進作家叢書33(1923)(小説集) 3. 41 第1回卒業式を報ずる『郵便報知新聞』(明治17年7月28日号) 42 第2回卒業式の来客・諸入費控; 43 第2回生の卒業証書(明治15年入学) 44 第2回卒業生と講師(前列右より坪内・天野・高田) 45 校友会名簿; 46 板屋確太郎「英国王室ノ特例及特権ヲ論ス」 47. 黒檜(くろひ) 12. 野草の花、筑摩書房(1953)(随筆・評論集) 20. 白金之独楽 7.

生のまま素のまま、桜井書店(1959)(随筆・評論集) 22. 10 大阪文学(宇田川文海)~25. 橡(つるばみ) 11. 大正天皇(たいしょうてんのう、1879年〈明治12年〉8月31日 - 1926年〈大正15年〉12月25日)は、日本の第123代天皇(在位:1912年〈明治45年/大正元年〉7月30日 - 1926年〈大正15年/昭和元年〉12月25日)。諱は嘉仁(よしひと)、称号は明宮(はるのみや)。. 7月 - 新制早稲田大学の設置認可を文部大臣に申請。 11月 - 早稲田工手学校廃校。 1949年(昭和24年) 3月 - 旧制第一・第二早稲田高等学院が廃校、在校生は新制大学の学部1・2年生に移行。 4月 - 学制改革に伴い、新制早稲田大学を設置 。.

琴の物語、桜井書店(1947)(『少年のための純文学選』中の一冊) 17. 岐阜県大野郡高山町馬場通(現在の高山市大門町)に、新三郎 - ゆきの次男として生まれた。新三郎は名人と言われる指物師であった。 1900年(明治33年)6歳、高山尋常小学校へ入学。1906年、母ゆき没。町の魚問屋に丁稚奉公し、1908年、店の隣りの青年に俳句を教わった。1909年、全国俳句行脚で来た河東碧梧桐に認められ、句誌への投稿を始めた。号は『折柴』。読みは初め『おりしば』、碧梧桐に勧められて『せっさい』。 1912年(明治45年・大正元年)18歳、碧梧桐と相談の上大阪へ出奔し、特許事務所へ勤めながら、俳句の活動を続けた。1913年、小説の第1作『息』が、投稿先の荻原井泉水に認められた。 1914年(大正3年)20歳、東京市神田区(現在の千代田区内)の特許事務所へ転じ、碧梧桐、中塚一碧楼、大須賀乙字らと句作し、また、小説『夜の鳥』を新聞連載した。1915年、碧梧桐が創めた句誌『海紅』の編集を手伝い、また、早稲田大学の聴講生となった。1917年から、碧梧桐・中村不折らの六朝書道研究誌『竜眠』の編集に当たり、この書道と、碧梧桐の影響下に鑑賞した能を、文学の糧とした。1919年、時事新報の文芸部記者として、芥川龍之介を知った。吉原にいたことのある榎本りんと結婚した。翌年改造の文芸欄担当記者として志賀直哉を知り、暗夜行路を改造に貰った。 1921年(大正10年)27歳、勤めをやめ、のちに『無限抱擁』にまとまる小説の雑誌掲載を始めた。翌1922年、そのヒロインのりんが亡くなった。志賀直哉に誘われ、志賀の住む我孫子へ移った。家族のように扱われ、毎日の夕食に招かれるほどであった。 1923年(大正12年)29歳、志賀の引っ越しを追って、京都へ移った。志賀夫妻の媒酌により、篠崎リンと志賀邸で挙式、結婚した。リンは志賀の我孫子時代に産婆として出入りし、京都では志賀夫人の看護婦兼家政婦として、志賀邸に住み込んだ女性であった。翌年長女を得た。 1925年(大正14年)31歳、志賀を追って、奈良へ移った。京都、奈良では、寺社・博物館・古式の年中行事などから、古典を学んだ。1927年、芥川の葬儀に上京した。『無限抱擁』を出版した。 1930年(昭和5年)36歳、八王子市へ移った。故郷の町でリンは産婆を開業し、家計を助けた。1932年、釣りを始めた。1935年、創設された芥川賞の選考. 21 タイタニック号沈没. 1891明治24年 早稲田文学(逍遥主宰・第一次)~31. 折柴句集、やぽんな書房(1931)(新傾向から自由律への過程の577句。この出版以降定型句に転じた) 6. 13 明治天皇大喪。.

はじめに参考吉丸一昌関連参考文献 第1章 文武両道帝大卒業、苦境を乗り越え/湯原元一と演説部で接点か/大学時代は成績最下位/東京音楽学校の2つの課題/風紀問題と生徒監制度/唱歌教科書を編むための人事/唱歌作詞の実績は見えず/筆名は萬古刀庵/参考表五高校友会誌『龍南會. 1951年(昭和26年)12月には第七句集『雪峡』を刊行した 。1962年(昭和37年)、脳軟化症のため境川村の自宅で死去 。享年77。遺作は同年10月の『雲母 第48巻10月号』掲載の5句 。戒名は真観院俳道椿花蛇笏居士 。. 11501/公開範囲 国立国会図書館/図書館送信参加館内公開 電子化時の注記. 「去華就実」と郷土の先覚者たち 第18回 竹内明太郎 (下) 明治後期から大正期にかけて、竹内明太郎の事業は、鉱山業から機械工業へ、そして技術教育へと大きく転回します。 (7)遊泉寺銅山と小松鉄工所 現在の石川県小松市郊外の山中に、徳川時代に発見された銅山があった。遊泉寺銅山.

早稲田文学 明治45年大正元年(1912年)1月号―12月号 第2次 第7巻 - 早稲田大学図書館

email: dopuz@gmail.com - phone:(196) 581-6746 x 8413

いきなりクレイジー・ラブ - 柚和杏 - 窓がほんの少しあいていて

-> お入学 - 橋田壽賀子
-> エイズに関する指導の手引 - 日本学校保健会

早稲田文学 明治45年大正元年(1912年)1月号―12月号 第2次 第7巻 - 早稲田大学図書館 - 学研の幼児ワーク編集部


Sitemap 1

子どもと教育 子ども学講座5 - 林邦雄 - 銀行告発